2008年01月31日

餃子問題

餃子問題。大変なことになってますな。

被害さらに拡大、マルハ・日ハムも回収 中国餃子中毒事件

てな感じで、回収業者も増え、騒動はこれから大きくなる一方でしょう。
ただ、こういった騒動が起こったとき、いろんな方向からモノを見る視点を失ってはいけないです。今、テレビのワイドショーあたりを見ていると「とにかく餃子はヤバイ」とか「農薬危険!」といったヒステリックに流れてくる情報ばかりを摂取して、本当のことが見えなくなりますからね。

そんなときブログの情報には、いろんな視点を与えてくれるものがあります。
例えば、こちら。

工場で使われる薬品は農薬ではありません。中国でメタミドホスが農薬としても使われるのは間違いありませんが、今回の件でこれを農薬として扱うのは無理があると思われます。なのにどこでも農薬がどうこうとか・・・これは明らかに2次被害を生む報道ですが、きっとマスコミ自身は何がおかしいのか絶対分かっていないと思います。  農薬として使われているものなら農薬と言っても良いじゃないか、と考える人がいれば、蚊取り線香や普通の家庭用殺虫剤を使っている部屋は「農薬を散布し、充満している部屋」となりますし、料理に重曹を使えば「農薬が大量に混入した料理」となります。それはおかしいですよね。

こちらは『農家こうめのワイン』というブログの「中国製ギョーザからメタミドホス その2 枕詞のように使われる「農薬」「有機リン系」は正しいか」というエントリーから。農家の方が綴られているだけあって、現状を冷静に分析されておられます。

んで、この方も書いておられますが「農薬」というものに対するメディアの捉え方のおかしさというのは、前々から方々で指摘されてるんですよね。例えば、農薬の安全性を考慮して効力の弱いものを使うために、以前よりも散布の回数を増やすと「なんと●回も農薬を撒いている!」とかね。
ま、このように一般報道されていることでも、いろんな立場の方の意見を見てまわると、いろいろ本質が見えてくるものです。そんな意味からしても、ブログというのは有益なわけです。というか、こういうときこそ、いろんなブログを見てまわるといいですよ。


2008年01月30日

花粉症の季節ですね。。。

もうすぐ花粉症の季節ですね。。。僕は、かなりの重症患者でかなり憂鬱です。ハックションです。

んで、さっき『ハピフル』だとかいうフジテレビの浮ついたワイドショーを見てたら花粉症特集とかやっててですね、そのなかで「花粉症に効く特別メニュー」とかなんとかの紹介をしててですね、ちょっと洒落たレストランでホワイトシチューとかを出してですね「このニンジンのリコピンが花粉症に効果的です」とか言ってるんですよ。

……。そんなホワイトシチュー食ったくらいで治るんだったら世話ねーっての!ったく。。。花粉症を舐めてますね。そんな気持ちの折「そういえばあのブログはどうなっているんだっけ?」と思い起こしてアクセスしてみたら、再開してました(^v^)

春限定更新、花粉症ブログ、今年も再開します。 一応、Yahooカテゴリサイトですので、少しは花粉症の情報を発信しないといけないと思って(笑) 今年も、よろしくお願いいたします。

というわけで、『花粉症blog』、今年も始まってました。ワーイ! 花粉症情報はこちらでどうぞ。ちなみに去年はヤクルト400を飲んでましたよ。僕。今年もなんとか切り抜けましょう。同士のみなさん。オー。

2008年01月27日

ブログの開設数・1354万件

新しく、ブログの開設数が発表になったんですが、これは実に素晴らしいことですね。ふむむ!

というのは「今、ブログっていくつくらいありますか?」ってよく聞かれるんですよねぇ。んで、この日本におけるブログの開設数を数えるのは、総務省の役目だったんですが、ここがずっと数えるのをさぼってるんですよね。

たぶん、一番新しいのが「平成18年の868万件」というヤツなんじゃないかなぁ。

だもんで、今までは開設数を聞かれると、このデータを引用してたんですが、もう2年前。いい加減調べろよなーと思っていたところ、日経さんが調べてくれました。

ブログ開設10人に1人・07年11月1354万件

日本経済新聞社が国内主要14社の開設数を調べたところ、2007年11月末で計1354万件と、前年同月末に比べ約5割増えた。14社で全体の8―9割を占めるもよう。ただ、休眠状態のブログや1人で複数を開設しているケースもある。

これからは、この2007年末あたりで1300万件ほどというデータを使いましょうかね。ま、文末にもあるように休眠ブログも相当数あるでしょうが。

2008年01月24日

東京レストランサーチ

「まだまだ世の中には便利で魅力的なサイトがいっぱいあるのぉ」と感心するサイトに出会ったのでご報告。その名は「東京レストランサーチ」であります。

「東京レストランサーチ」は、東京・首都圏にある世界各国&地方料理と、日本の郷土料理店専門、つまり、世界地図から食べに行ってみたい料理を探そうという趣向のレストランサイトです。 トップページから、料理の国・地方名・県名と所在地をもとにお店を検索でき、また、「世界料理マップ」で各料理の基礎知識を調べたり、投稿レビューから他のユーザーの感想を読むことができます。

ま、こんなコンセプトです。ま、このコンセプトですべてを言い表してるので説明することも特にないですが、けっこう情報が豊富なのが嬉しい。

こういうのって、企画倒れするところもあって、データが全然なかったりすることもしばしば。このサイトも最初は、「どうせあんまりデータないんだろうな」と思ってペルー料理店とか調べたら20近く出てきてビビッタw ま、ペルーはたまたま頑張っただけダロと思って「レバノン」とか押すと5個くらい出てきて拍手した。

いやー。これ頑張ってますわ。出来た経緯とか読むと、個人で好きな人が、試行錯誤して作ったみたいな話が載ってたんですが、このミニコミ感覚もグー。これからもずっと応援したい&活用したいサイトですね。ブラボーです。

2008年01月21日

嫌儲

ちょっと興味深い内容の記事があったのでご紹介。

ネット発キーワード「嫌儲」〜ユーザーコンテンツに広告を付けると嫌われる

こんな記事なんですが、ネットの世界で今、旬のキーワードらしい「嫌儲」について書いておられる。

「嫌儲」という言葉は、2008年版「現代用語の基礎知識」(自由国民社)にも登録された旬のキーワードのひとつだ。「嫌儲」の読み方は、一般的には「けんちょ」だが「けんもう」「いやもう」などとも読まれる。意味は字面から連想しやすい。「金儲(もう)けを嫌う」ということ。ただしこれは自分の金もうけを嫌うのではなく、他人が楽をしてもうけるのを見るのが気に入らないという意味合いがある。実際、ネットの世界では、アフィリエイト広告でもうけているブログは嫌われる傾向がある。

これで「けんちょ」と呼ぶんですな。要するに儲けるブログなんかが嫌われるということで、その例としてアフィリエイトで儲けていたい「2ちゃんねる」のまとめサイトが閉鎖したことを挙げておられる。ふむ。

ま、詳しくは一読していただきたいのですが、こういった事例を挙げて「儲けることが嫌われる」とするのは、ちょっとピントがずれている気がするなぁ。
というか、この記事というより、この「嫌儲」という言葉の本質は「儲ける」ことよりも「道理に合わないこと」を嫌悪しているだけなんではないかなぁ。
この閉鎖したまとめサイトだって「転載不可」というルールを破ったから炎上したわけで、儲けたからではないはず。ま、儲けていたから目立った。儲けていたから余計腹が立ったという面はありますが、儲けることを嫌悪すると、単純につなげるものではないと思う。

個人的にも儲けることを嫌悪する気持ちは毛頭ないです。というか、個人的には、いいサイトとかブログには、じゃんじゃん儲けて欲しいし、そうやって儲けてくれることで、楽しいサイトやブログが増えることには、誰も異存はないはず。

ただ、その儲け方に反感を覚えるケースが散見されるってことですよね。たしかに、いくつかのニュースサイトは広告だらけだし、ブログの中には記事スペースよりもアフィリエイトリンクのほうが多くてうんざりするケースもある。このように今のネット広告の多くが、読者の多くが望んでいないものへいかに誘導するのかって感じになっているから、こういう「嫌儲」という言葉が出るんでしょうが、「儲ける=嫌い」というわけではない。

要はその手法ですよ。その手法が確立していないだけで、ネットの住人が儲けることを嫌っているわけではないと書いておきたいですね。こういった倫理観みたいなものって、ネット上の特殊なものはあまりないと個人的には思っております。はい。

2008年01月19日

千代田Web図書館

日本初の電子図書館である「千代田Web図書館」が昨年の11月からオープンしているみたいですね。

千代田区立図書館ではインターネットを活用した、 日本初のインターネットを使用して電子図書を貸出返却が可能な国内サービスとして(2007年11月現在)の千代田Web図書館サービスを開始します。(中略)千代田区には地元地域産業である出版産業(出版社)があります。千代田区立図書館では、公共図書館と出版社というこれまでの垣根を越えた協力関係を築き、出版、活字文化の今まで以上の発展に寄与すべく活動してまいります。その一環として、本サービスを通じて新たな出版形態の提案と提供を展開してまいります。

まこんな感じで、詳細はサイトで見てもらいたいんですけど、なんでもかんでもフリーにしていないところがいいと思いました。

というのは、3月までの試験期間中は千代田区在住の人だけ利用可能。
在庫も1タイトルにつき3冊までで、3人が借りると貸し出し中になる。
そして借りた本は、2週刊経つと読めなくなるらしい。

このあたりは、本を貸している出版社への配慮かららしいですが、こういった貸し手がきっちりと上位に立つサービスは大切な気がするんですよね。

なんかネットのサービスって、ほとんど無料で利用できるわりには、やたらとサービス提供サイドが低く、無料で使っているユーザーが高い位置にいる雰囲気がある。でも、そういったパワーバランスだと、提供されるサービスも自ずと限界値が見えるし、お互いにとって損だと思う。

一昔前から、ネット上のものは無料だけなきゃダメとか、ユーザーが自由に使えなきゃダメって感じですが、このあたりがなんとなく少しずつだけど変わってくるんじゃないかなぁと、この図書館の利用規則なんぞを見て、改めて思った次第であります。はい。


2008年01月15日

動画人JAPAN2008

今月の26日に「動画人JAPAN2008」というイベントが開催されるみたいですね。

動画人JAPAN2008運営事務局は、質の高いビデオブロガーの発掘と動画関連ビジネスの促進を目的として、ビデオブロガーの交流イベント「動画人JAPAN2008」を開催すると発表した。1月26日の19時から22時まで、六本木スーパー・デラックスで行われる。 同イベントでは、ビデオブロガーと動画関連事業者が現在注目されている動画トレンドについて語るトークショーを行うほか、アメリカから招聘したビデオブロガーが海外の動画トレンドを紹介する。また、ビデオブロガーによる編集デモや制作秘話のプレゼンテーションを実施する。

こんな概要で、ニュースはこちら

んで、「動画人JAPAN」のサイトはこれ

3000円でワンドリンクで、「日本ビデオブロガーによる発表会」とか見られるのは良さげですね。

そういや「毎日新聞社が動画投稿サイトオープン、切り口は「都道府県」 」なんてニュースもあったですね。動画を投稿するってのが一般化した今、これからはどんなもんを投稿するのかって部分がよりクローズアップされたコンテンツが出るという、ま言わずもがなの流れというわけでしょうか。注目していきましょう。

※ボンヤリとした感想ですが、「ニコニコ動画」が流行ってから、何もYou Tubeでなくていいなという気が広まっているような。別に世界と動画でつながらなくても、日本の中でニッチにつながったり共感できればいいなという空気感があるような感じですよね。何気に今は国内の動画投稿サイトはセールスのしどきな気がしてますです。ほい。

2008年01月11日

「窓の図鑑」展

近代建築の窓の写真を撮り続けて25年という作者が運営されておられるブログ『窓の図鑑』の展覧会が明日から始まるそうです。

◆◇◆◇ 第2回「窓の図鑑」展 ◆◇◆◇ +CASEギャラリー(代々木上原・東京) 東京都渋谷区大山町18-23コートアネックス大山1階 (東京メトロ千代田線・小田急線・代々木上原駅 井の頭通りを大山交差点に向かって徒歩5分) 2008年1月12日(土)〜2月3日(日) (平日 13:00〜20:00  土・日 12:00〜19:00)

概要はこんな感じで、こちらに詳しい情報があります。

この『窓の図鑑』は、未見の方は一度覗いてもらいたんですが、実に素晴らしいです。窓の様式美ってのが、こんなに格調高く趣深いものだとは知らなかったという驚きに満ちておりますので、ぜひ。

このブログは、いぜんこちらで紹介させていただいて以降、とんとんと各媒体で紹介が続き、展覧会までされるようになって、嬉しく拝見しておりました。今後のご活躍もお祈りしております。

2008年01月10日

やっぱり今年も駅弁大会

毎年楽しみにしてるのが、新宿の京王百貨店で行なわれる「駅弁大会」。今日から開幕なんですが、僕も昼過ぎにいそいそ行ってきました。

で、いろいろ見ていると、ついつい買いたくなりますね。今日も昼飯用にと行ったんですが、うっかり「甲州カツ丼」と「氏家かきめし」と「おたる海の輝き」ってんのを買ってしまいました。「これくらい食えるか」と思ったですが、1個半でお腹いっぱいに。。夜も食べます。

はてさて、そんな駅弁大会に燃えるのが、ライターの安田理央さんで、毎年熱いレポートをアップしてくださるので、いつも楽しみにしてます。今回は、もう去年の段階から書いておられますね

まあそういうわけで、日本の地方色の豊かさに触れられる駅弁大会はとても楽しいので、新宿にお立ち寄りの方はぜひどうぞ。

こちらの「駅弁大会への道08」なるブログと「Webチラシ」で事前情報を仕入れられるのがいいですよ。

2008年01月07日

年始に欲しくなった本3冊

さ、みなさん仕事始めですかね。

というわけでこのブログも始めよっと。んで、まずは年始にネットを徘徊してて買いたくなった本のご紹介でもしてみます。

まずは、「春は築地で朝ごはん(ブログ版): 番外: 日本橋某所にてクリスマス・パーティ 」という記事を読んでいたら、生牡蠣にアイラモルトが実によく合うという記述を発見。最近、アイラモルト大好き中年なんでこの記事にグッときたんですが、この技を日本で広めたのが、なんと村上春樹の『もし僕らのことばがウィスキーであったなら 』という紀行文なんだとか。へー。知らなかったです。実は村上春樹ってなんか苦手なんですが、これはぜひ読んでみたいと思った次第。

次に、2ちゃんのスレをまとめたこちらの記事。「やる夫が小説家になるようです :ハムスター速報 2ろぐ 」。これが実に上手にできておるんです。ま、やる夫が小説家として成長するストーリーのなかに、お役立ちスパイスを上手にまぶしているんですが、なかで紹介されている『物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン (朝日文庫) 大塚 英志 』などが、実に魅力的に見える。名前は知ってたけど、未読なものって、大抵未読のままですが、こういう風に背中を押してくれるのは、嬉しいです。はい。

最後は、「SAFETY JAPAN [書評] / 日経BP社 」で紹介されていた『障害者がなぜ犯罪者になってしまうのか 』

まず、この書評が実に巧み。自分の弱さも隠さずに一人の人間として書評しているところがいいです。あと、この本は文字通り、実に思いテーマを扱っておりますが、こういったタイプの本は、みんなが買うことで、似たテーマの本が企画として通りやすくなるので買い支えたいと思った次第。今まで他のメディアが触れなかった部分に、切り込むその姿勢は素晴らしいと思います。

というわけで、今から本屋に寄って帰りまーす。

※年始にブログを見てて気付いたですが、年明けの記事で「福袋の中身紹介」ってのが多いですね(笑)。みんなに見せたくなる気持ちはよくわかります。これから福袋の中身を知りたい人はブログ検索するといいですよ!

2008年01月01日

あけましておめでとうございます!

新年、あけましておめでとうございます。

さっき、帰省先の実家から戻ってきて、ネットにつないでアンテナ内の巡回先をぐるっと見てたんですが、大晦日から元日って、すごくみなさん記事書いてますね。

普段より全然多いくらい。恒例になっているのは、今年のベストエントリーをまとめたりするなど、1年の記事を回顧して書くものですかね。これけっこう定着してきてるんで、新しいブログに行ったときに、大晦日あたりのエントリーをチェックすると、そのブログの美味しいところが見られたりするんですよ。

ま、そんなコネタは、いいとして、今年もよろしくお願いいたします。相変わらずのノンビリブログですが、今年も1〜2回はオフ会でもやろうかと思ってますので、その節はぜひよろしくどうぞ。

※いつも楽しく見ている『ぷぷぷぷぷぅ 〜フリーターパパの育児マンガ〜』というブログで大晦日に赤ちゃんが生まれたとの嬉しい記事が。近々、その模様がアップされるみたいなので、楽しみなのです。バブー。

2008年01月その他の過去記事