2007年04月27日

能登半島―「旅行」に問題はない

えーと、明日からゴールデンウィークで、いろいろ旅行に行かれると思います。でも、「どっか行きたいけど、まだ旅程を決めてない」って人に、ぜひ見ていただきたいニュースを。

能登半島地震を受け現地調査を実施−「旅行」に問題は無い

日本旅行業協会(JATA)は4月17日と18日の2日間、能登半島地震発生を受けた現地調査を実施、受け入れ態勢は十分なレベルに復旧し、「旅行」に問題は無いという報告書をまとめた。これは「旅行を楽しむための受入面として支障があるか」という観点から調査をしたもの。

詳細は、ま、ニュースを見てもらいたいんですが、要するに能登半島への旅行は何も問題がないという報告がなされたというわけですね。

実は、僕、以前、新潟の中越地震があった半年くらい後に、そこを旅行したことがあります。そのとき、「地震のときに、いちばん嬉しいのは、こうやって旅行に来てくれて、この場所を見てもらって、そしてお金を遣ってもらうことです」とよく言われたんですよ。

復興の邪魔になっては悪いから。こんな気遣いをされる方も多いと思うのですが、こうやってみんなが脚を遠のけると、かえって被災地の方を苦しめる結果になりかねないんですね。だから、ぜひ、能登半島に旅行に行きましょうということを、提案したいと思ってます。

以前、このブログでご紹介した、『このわた くちこ・能登半島の幸寿し BLOG 』の橋本さんに、能登へみんなが旅行することをどう思われますか?とお聞きしたところ、こんなことをおっしゃってました。

「私の個人的な感想としては、観光客の方が能登に来て頂けるのは有難いことだと思います。町が壊滅状態の時ですから、少しでも他県から能登に来て頂ければ良いと思います。そして、この状況を見て頂きたいという思いもあります」

最近のニュースでは、もう能登の復興のことをあまり目にしなくなりました。でも、まだまだ作業はこれからという状況です。それは橋本さんのブログの今日のエントリーなどを見ると、肌で実感することができます。また、先日、橋本さんが、復興のこんな模様をメールでお知らせくださったので、ここでご紹介したいと思います。

今、穴水駅前の潰した家の土地にテントを張って非難をしている方達の連絡先とか、復興に向けた国や県、町の新しい政策が分かる様にしています。 又、避難されている方達が夜は一人で不安な気持ちで過ごしておられます。 その方達に呼びかけて昼ご飯だけでも皆でテントで食べようと呼びかけました。 毎日、お昼になれば12人くらいの人達が集まって笑いながらご飯を食べています。 家内と、娘と私の母でスーパーに毎日出していた寿しを家で少しですけど作り始めました。三人でテントのお昼を作ってくれています。 皆さん喜んで食べてくれています。 ある時に家内がおにぎりを作って差し入れをしてくれていました。 その時、皆のリーダー的な方が私に少しやけど奥さんに渡してくれと封筒をくれました。 私はお断りしたんですけど、今度から頼めなくなくからと言われて受け取りました。 1500円が入っていました。 ある時、用事で昼を他所で食べてテントにきたらコンビニのおぎりとカップ麺を食べています。そして250円づつ払っていました。 私はこれを見てリーダーの方に家内は250円で昼ご飯を作ってくれると言っていますよ。と言いました。 そしたら喜んで頼むと言われて作っています。 寿し屋を長い事していますからチラシ寿司やどんぶりとかお手の物です。 皆が喜んでくれると言って今が旬の山菜も採りに行って天ぷらなども作ってくれています。 皆が仮設に入るまで続けていくと言ってくれています。

大変な復興作業の中、みなさんがんばって笑顔をつないでおられることが、伝わってきました。ぜひ、これからもがんばってください。また、どっかに旅行に行こうかなと思ったとき、能登に行ってみようと頭に浮かべる人が増えればなぁと思います。能登はとてもお魚がおいしいらしいですよ。僕、いつか訪れたいと思います。

2007年04月23日

動画のニュース

「はてなブックマーク」で、世界一分かりやすい「モバゲータウンが儲かるしくみ」という記事が人気だったのですが、「世界一わかりやすい」というのは、どういった方法なのかと思ったら、動画でした。たしかにわかりやすい。見てみましょう。ポチ。

世界一分かりやすい「モバゲータウンが儲かるしくみ」

動画なのに、ホワイトボードというローテクなものに紙を貼り付けているアナログ感が、よりわかりやすい雰囲気を醸しておってよいですね。
個人的には、もっと短く、そね、3分くらいにしてもらって、IT系のややこしいニュースなんぞを、解説していってくれると、嬉しいかもー。
テレビのニュースのように「見てみないと何のニュースを解説しているのかわからない番組形式」だとあまり実効性がないように思うけど「●●について」といった感じで、中身が明確にわかるようになっていると便利だと思うなぁ。

そう。だから実用や分析系のネタには相性がいい気がしますね。これから同タイプの動画ニュース、増えてくれたら嬉しいです。


2007年04月19日

ヴァージニア工科大学銃撃事件

ブログというのは、既存メディアにないニュースに接することができるんですが、アメリカの大統領選挙などアメリカで有事があった際、独自の視点でニュースを発信されているのが、コラムニストの町山智浩さんです。今回、アメリカで起こった「ヴァージニア工科大学銃撃」についても、テレビや新聞では読めないニュースを発しておられて興味深いです。

ヴァージニア工科大学銃撃犯は韓国人学生だった

ヴァージニア工科大学銃撃犯が書いた戯曲

ヴァージニア工科大学銃撃犯のビデオ・メッセージ

4月19日のエントリーには、こんなことが書かれています。この犯人が、当初「中国人」という誤報が流れていた際、あるブロガーがこんな被害にあったようなんです。

もう一人、その報道の被害者がいる。 このウェイン・チャンという青年は、「犯人=中国人」報道を聞いたネチズンがネット中を探し回って、彼のブログを見つけた。↓ http://wanusmaximus.livejournal.com/ そして、ブログの内容から「こいつが犯人だ」と決め付けたので、嫌がらせメールなどが4万通近く殺到した(彼はブログのヒット数が以上に上昇した記録などを公開している)。 ウェイン君は昨日からABCテレビやCNNなどに出演して無実を訴え、さわやかな好青年ぶりをアピールしている。ネットの魔女狩りは恐ろしい、

うーん。こんなことまで起こるんですねぇ。

2007年04月17日

NO!選挙カー。いいよね!

「NO!選挙カー推進ネットワーク」ってのが、出来たみたいなんですが、いいですよね。これ。

15日、首都圏の新人候補10人らによって「NO!選挙カー推進ネットワーク」(代表・伊藤悠都議)が設立された。また、茨城県日立市議選では現職10人が選挙カーを自粛した。推進ネットは、車にスピーカーを設置しない、車中から音声を発しない、選挙カーに支払われる公費負担を請求しない――の3項目に賛同する候補者らで発足。東京都調布市議選に立候補した民主新人候補(37)は「騒音、排ガスを出し、税金まで使って走る選挙カーを使わない選挙戦をします」と出陣式で宣言。選挙カーの絵に斜線を施した推進ネットのロゴマーク入りののぼり旗を掲げた。

詳しくはこちら

あんな選挙カーで、がなり立てられてもねぇ。うちのチビなんか、子育て支援を訴える選挙カーの声で起こされちゃって泣いてますからねー。
それにしても、この選挙カーには、援助金まで出てたんすね。

その一方でこんなニュース。

元フジテレビアナウンサーの千野志麻さん(29)が、静岡県沼津市議選に出馬している父・千野慎一郎氏の選挙を手伝った様子を記した自らのブログを、16日までに削除していたことが分かった。挙運動期間中は、候補者やスタッフが、ネット上のホームページやブログを更新できないことになっている。沼津市選挙管理委員会では「ネット上で選挙カーの写真などが更新されているなら、違反になり削除しなければなりません。知らなかったり意図したものでなければ指導で済むと思います」としており、千野さん側が自主的に削除したと思われる。

このようにブログに選挙のこと書いちゃダメなんですよねー。でも、時代も変わってるんだから、選挙カーみたいなものを残すよりも、みんながブログとか書いていったほうが、いい気もするけどね。時間はかかるでしょうが、この先は、選挙カーよりもブログっていう時代になるような気がしますね。はい。


2007年04月16日

街灯物語……

去年のベスト20の選考では、『階段だらけ』ってブログの名前も挙がってたんですよね。

ひらすら階段の写真がアップされているだけなんですが、この手のブログはなんか好き。

普段から、何気なくそこにあるものでも、まとめて見ると造形がきれいだったりして、とても個性がある。そんなことに気づかせてくれるのがいいと思うんです。

この階段ブログに似たのを見つけたのでご紹介。

『街灯物語……』

いつもはあまりじっくりと見ることがない街灯ですが、こうやって見るとその形はけっこう奇抜なものが多いんですねー。
なんかこういうの好きです。はい。

2007年04月11日

ブログのユーザビリティを高めるための20の秘策

『P O P * P O P 』で「ブログのユーザビリティを高めるための20の秘策」という記事が紹介されていたのでご紹介。

ま、ようするに外人さんが書いた人気ブログになるための秘訣ですかね。これが必ずしも正解ではないとしながらも「ブログのテーマを決めよう」「コメントを推奨しよう」といったわかりやすい具体例が20紹介されているので、これからブログをやろうって人には参考になると思いますねー。

僕が、もっと多くのブロガーにやって欲しいと思ったのは、「このサイトについて」ページをつくろうっていうやつですね。「この記事ってどんな人が書いたのかな」って思うことがわりとあるんですよね。そんなとき、こういった自己紹介のスペースがあると、実にありがたい。これは、自己PRに留まらず、すべての記事に対する捕捉的な意味もあると思います。

同じような記事であっても、「誰が書いたのか」によって記事も意味合いって変わってきますからねぇ。

2007年04月10日

チェックしているニュースサイト。真似してみよ

『面白いサイトを見つけたよ』のスマイルさんが、「チェックしているニュースサイトをあげてみるよ」というエントリーで、使えるニュースサイトを紹介されてた。

僕も真似しよ!

ということで、スマイルさんところで名前が挙がらなかったものを、いくつか紹介してみます。

GIGAZINE
定番ですけどやっぱすごいですよね。よくこんなにニュースを拾えるものだといつも感服してます。

POP*POP
去年の年末あたりにできたブログだと思いますが、クオリティ高いですよね。

●「Excite Bit
独自ニュースが楽しいですよね。好きです。

知ったかぶり週報
出版関係ネタはやはり定番のこちらかなぁ。愛読してますよ。

コロコロザイーガ学園
パルモ先生はスゴイと思うのですよ。

Narinari.com
見やすいニュースサイトです。

今週のピックアップブロガー
良質ブログの発掘&紹介では、ここが一番な気がしてます。エキサイトブログの人たち偉いです。

HIRO IRO
ここもネタを上手に紹介してくれるので好きですかね。

IT戦士 岡田有花リンク集
ITmediaの岡田有花さんが書いた記事だけのリンク集。彼女の記事はITオンチの僕でも楽しめます。


思いついたところをざっと書いただけですけど、ま、今回はここまで。

ま、なかでも「一番は?」となったら、やっぱスマイルさんと同じなんですが、「やじうまWatch」ですよね。めたるまんさんは、最強ですよ、やっぱり。

2007年04月07日

世界で最も多いのは日本語ブログ

ちょっと面白いニュースがあったのでクリッピング。

ま、タイトルそのままなんですけど、「世界で最も多いのは日本語ブログ」だそうです。

言語別で見ると、第4四半期に最も多かったのは日本語のブログだった。日本語ブログがブログ全体に占める割合は37%で、前四半期の33%から拡大。シェアを39%から36%に落とした英語ブログを追い抜いた。またトップ10に新たにペルシャ語がランクインした。

言語別のブログの割合
 上位5言語のうち、英語とスペイン語のブログは世界各地で投稿されているようで、時間帯による投稿数の違いは少なかった。日本語、中国語、イタリア語のブログは更新時間に偏りが見られ、また就業時間内にブログを書いている人も多いようだった。

普段は、日本語のブログばかり見ているわけで、あまり世界のブログを意識することはないんですが、世界中と繋がってるんだもんなぁ。そのうち、他言語のブログと、いろんな交流がもてればなぁって気がしますね。うんうん。

2007年04月06日

選挙とネット

8日は選挙なわけですけど、You Tubeにアップされた政見放送を、東京都選挙管理委員会が削除したりと、毎度毎度のことですが、ドタバタしてます。

そのあたりのことが、「GiGAZIN」さんに上手にまとめてあったのでクリッピング。

個人的には、ブログもYou Tubeも誰でも使えるものなので、機会不均衡なツールだとは思わないんですけどねぇ。それなら、ドクター中松さんのこの主張。

都知事選挙を扱った番組に自分を出演させなかったのは「公平の原則」に反するなどとして、ドクター中松候補が「テレビ朝日」と同局の『サンデープロジェクト』プロデューサーを公職選挙法違反で4日、警視庁に告発した。

これのほうが正論の気がするなぁ。

ま、何にせよ、選挙には行きましょうね。僕は、選挙だけにはみんな行くべしと強く思ってるんですよ。行こうね!

本屋大賞

近年では、芥川&直木賞に近いバリューを持ってきたと感じる「本屋大賞」の発表が昨日あったんですが、前に『本屋のほんね』さんで、大賞の予想をされていて、的中するか見守ってました。

2007年の2月19日の予想はこんなんでしたね。

本屋大賞全部読みましたが、どの作品も去年ほどのインパクトはなく、今年は投票を見合わせようかと思いはじめました。実行委員の方からのメールで「本屋大賞には該当作無しはありません」というのがありましたが、もし全国の本屋さんが私と同じようにひねくれた人ばかりで、突然全員が投票を棄権するとか言い出したら、やはり本屋大賞も該当作無しとかになるのでしょうか。 でも現実にはそんなことは起こらないと思われますので、改めて予想をしてみます。 (中略) さあ、あとは「一瞬の風になれ」「夜は短し歩けよ乙女」の一騎打ちとなりました。結論から言うと、軍配は「一瞬の風になれ」です。理由は3つあって、3冊あるので売上的においしいというのが一点目。読む人を選ぶ森見作品に対して比較的万人にオススメできる良作であるというのが二点目。あと、過去の本屋大賞受賞作はすべて映画化ドラマ化されていますが、「夜は短し」は多分映像化が不可能であろうということ(アニメならできるけど、果たして面白いものに仕上がるのかとなると甚だ疑問)。

詳しくはこちらの記事でー。

んで、発表がこちらなんですが、大賞の「一瞬の風になれ」はもとより2位の「夜は短し歩けよ乙女」まで、ズバリ的中。すごいなー。さすがプロ! 感服しました。はい。

2007年04月04日

がんばれ!能登半島!

能登半島の地震の状況は、連日テレビなどでも放映されていますが、ブログから発信されているものも、いくつかあります。

そんななか、能登半島でお寿司屋さんを営んでおられる方が綴っておられる『このわた くちこ・能登半島の幸寿し BLOG 』では、その模様がリアルに記されています。

地震のあった日に店で私と家内と有子が仕事をしていて3升炊きの釜にシャリを炊いている最中でした。

私はカウンターの中で朝の寿司を作っていました。
突然ドンと言う大きな音がして下から突き上げたと思ったら大きな揺れが40秒ほど続きました。

水槽の水が三分の一に減っています。
上から皿や書類や桶が落ちてきていました。

家内と有子も焼き台や皿、シャリ釜、電子レンジ、桶の下敷きになっています。家内は泣き叫び有子は家内を励ましていました。

私も下敷きになっていましたけどカウンターを乗り越えて外に出ると大変なことが起こった現実を目の前にしました。

家に私の母と孫の虹太がいましたから、有子が車で走りました。家のほうは少しの傷みで大丈夫で二人とも無事でした。

また、最新のエントリーでは、お店はまだまだ復興しないようですが、インターネットの通信販売だけ再開されたとのこと。

幸寿しのインターネット通販サイト

地震ゆえ、出荷できるものがいくつか限られているようですが、ご紹介しておきます。

復興の作業などで、とても大変かと思いますが、がんばってください。
一日も早いお店の復活、そして被災された方たちに一日も早く笑顔が戻りますことを心よりお祈り申し上げます。


2007年04月03日

ブログ合宿とか気になるトピック

ちょっと東京から離れていたので、更新をサボっちゃった。

そんな間に見た、気になるトピックをザザっとご紹介。

まず、『小鳥ピヨピヨ』さんで知った「ブログ合宿」なるもの。
温泉もご馳走もない旅館に2泊3日で泊まって、みんなでブログを更新したりするだけという合宿で「誰もうらやましがりません」とお書きになっておられるけど、僕、ちょっと羨ましい。こういうのいいなぁ。

次、スマイルさんが「ブログ検定2」を作ってくれました。前より難しくなってるよーw

『本屋のほんね』のエイプリルフールネタが、上手い! これ騙されるなー。でも、嘘から誠ってこともあるかもー。※今見たら「すみません!これはエイプリルフールネタでした」って注釈がついてた(笑)。

鬼嫁日記のカズマさんとこ、今度、女の子が産まれるみたいねー。おめでとございまっす!


2007年04月その他の過去記事