2006年02月28日

か、風邪ひくよ……

『バレてない?!』の姫カジさんといえば
その、はじけっぷりが大人気の名物ブロガーであります。

んで、200万ヒットを記念したときのはじけっぷりの
一部を『このブログがすごい!』でも紹介したわけでありますね。

そんな姫カジさんが、またはじけてます。
ちょっと見てみましょうか。

300まんこぇ企画!雪はツンデレ(前編)

か、風邪ひかないようにね……。

2006年02月26日

好評か悪評かを判断できる検索サービス

ある話題とかキーワードが、ブログ内において、
好評か悪評かを判断できる検索サービス「BuzzTunes
なんてのができたみたいですね。

 C2cubeは、自然言語認識エンジン「ConciergeCube」を開発、提供しているベンチャー企業だ。BuzzTunesはConciergeCubeを使ってブログのエントリ記事を構文解析し、任意のキーワードがブログ上でポジティブに語られているのか、もしくはネガティブに語られているのかを判断する。

こんな概要で、詳細はこちらにあります。

最近、ブログ検索サービスがたくさん出てきてますが
この「好評か悪評を判断」ってのは、目新しい。

ちょこっといじってみたところ、まだその精度はこれからって感じだけど
今後に期待ってとこですかね

2006年02月23日

ライブドアに物申す!

昨日のエントリーで
ブログのなかには物の見方がたくさんあると
ライブドア事件についてもテレビで見るより
断然様々な意見を咀嚼できていいと書いたんですが
こんなのあるんですね。

ライブドアに物申す!

ライブドア自体が、今回のライブドア事件についてどう思うのか
識者に原稿を頼んでブログ形式で紹介しているようですね。

大谷 昭宏さんとか浅羽 通明さん 、田原 総一朗さん 、山形 浩生さん 香山 リカさん
などそうそうたるメンバーが寄稿されていて興味深いです。

社会に大きな影響を与える事象を引き起こした企業が、
こういった形で意見を求め、ブログ形式で紹介していくというのは
新しい試みですね。これからもフォロワーが増えて欲しいいい企画だと思います。

2006年02月22日

ブログキャスター

ブロガー市民キャスターが書く雑誌です

こんなコンセプトのもと『ブログキャスター』なる雑誌が東洋経済新報社から出ました(ただ、雑誌というか増刊で1回やってみて、売れたら次も出しますよって感じなのかな)。

詳細はこちらにありますが、端的に言えば、ブロガーが記事を書いているのが特徴なんですね。

この試みというか、こういう流れは今後ますます増えると思うし、この挑戦には拍手を送って応援したいです。ただ、この雑誌を単体で見た場合は、もうちょっと考える部分があったのかなぁと思ったり。

まず、「ブログはニュースの宝庫だ」として、「花粉症」「ブランド」「ライブドアショック」「公務員」「教育」などなど21ものジャンルについて、ブロガーの方が記事を書いておられる。でもこれ、取り上げるジャンルが広すぎたんじゃないかと。

ブログは「ニュースの宝庫」というより「視点」とか「考え方」の宝庫と捉えたほうが良かった気がするんですよね。

例えば、まあ、さんざん言われていることですが、いわゆる「ライブドアショック」のテレビの反応というのは、どれもワンパターンでツマラナイですよね。
でも、ブログには、「ライブドアショック」に対する反応が無数にある。いろんなパターンが存在するわけですよね。それで、そういったものを俯瞰していくと、なんとなく自分の立ち位置はこのへんかな、といったことがわかってくると。
それが面白いし新鮮なんですよ。

つまり、この雑誌の場合、テーマをもっと絞って、それに対する様々な意見をブロガーに書いてもらったほうが良かった気がするんですよね。
「靖国」でも「食の安全」でも「韓国」でもいい。
できれば、既存のメディアであまり読めないものがいいですよね。

「地域格差」でも「人権」でも「介護」でも「役人」でも
本音で語って欲しいこととか、既存メディアの報道では満足できないものってたくさんあると思うんですけどね。

サイトに「プロが書けないネタ満載」とキャッチがありますが、どのあたりが
それを指すのか、パラっと見たときわからない。どうも平板な感じがするんですよね。だから、この雑誌がそんなに売れるとは思えないのです。

正直、この号に関していえば、ブログに興味のある人しか買わないですよね。だって、お金を払って買う人にとって、市民記者が書いてようが、プロが書いてようがそんなことはどうでもいい問題なわけでして。結局は何が書いてあるのか。そこがポイントのはずですからね。

そういう個々の部分を見ていくと、もうちょっと工夫するポイントはある気がしますが、とにかくブログと実際の紙媒体が結びつくことは、とても喜ばしいことなので、応援します。次号出るの、楽しみにしています。

編集部のブログもあるようですね。

2006年02月21日

博客

こちらのニュースで、上海でもブログがブームというのを知ったのですが
ま、そんなことより、ブログのことを「博客」と言うことをお知らせしたくてこの記事をアップ。

ただ、ブログの多くは一般には公開せず、一般公開している人は全体の27%にすぎないそうだ。

あと、このへんが独特ですね〜。

以上。おちまい。

2006年02月17日

ブログクチコミサーチkizasi

なんか新しいブログの検索ツールが出たみたいですねー。

シーエーシーは30日、ブログに書き込まれた文章の中から単語を検索し、単語の出現頻度の変化や関連する単語などを見ることができる「ブログクチコミサーチ」のベータ版サイトを公開した。

指定したキーワードのブログでの出現頻度や、キーワードと一緒に語られることの多い単語(関連語)のランキングが、時間とともにどのように変化したかを見ることができる。

ニュースの詳細はこちら
んで、こちらが「ブログクチコミサーチkizasi
 
あーでも、これだけ読んでもなんのことやらよくわからんですねー(笑)

ということで、実際にやってみたんですが、なんか
いじくってると未体験な感じの検索でプチ面白です。

一度いじくってみてください。

2006年02月14日

ライブドア株で人生が〜

ライブドア株で人生が大きく変わったひとの日記

このブログがちょっと注目を集めています。

タイトル通り、例のライブドアショックでかなりの負債を背負ってしまった方の切実な記録。

諸所の事情で、離婚されたようで、読んでいてこちらもちょっと胸が苦しくなります。

今まで以上にお金を工面する必要があるため、仕事の後にアルバイトすることにしたのでブログに割く時間も少なくなると思いますが、極力更新していきたいと思います 今はまだ私もつらいですが、この体験が今株をやっている人や借金をしてる人が読んで何かしらの糧になれればいいなと思います

ふー。がんば。

2006年02月12日

渋谷ランチ OF THE YEAR

書こう書こうと思っていたのに
なんか忘れてたネタってありますよねぇ。

と、いきなり言い訳モードなんですが
やっぱり書いておきたいなと思ったので書きまーす。

えっと、個人的に渋谷はよく行く&よく
一人で昼ごはんを食べる街なんですよ。

んで、そんな僕がよく拝見しているのが
●[渋谷] ランチ・ジャーナル
というブログです。

お店のセレクト感も文章も写真も心地よいので
よく見ているし、よくここで紹介されたお店に
行くんですよね。

そんなランチジャーナルで、この年末
2005年の12月31日に
●渋谷ランチ OF THE YEAR 2005●
っていうエントリーがあったんですが、これがいいなぁと
(ホント今更なんですが(笑))。

これって、ずっとこのブログを見てきた人にとっても
興味深いですが、初めてブログを見た人にとって
優しい試みだと思いました。

グルメ系のブログって、読み込んで行けば面白いし
読み物として楽しみにしている人はたくさんいます。

でも情報だけ欲しい人もいますよね。

「あなたがいちばん美味しいと思ったものを食べたいでーす」
と思ってブログを初めて見にくる人も多いと思うんですよ。

そんな人にとってみると、こういうエントリーがあると
とてもわかりやすい。

それに、このエントリーを見て美味しいと思ったら
このブログの定期読者になる人も多いでしょうしねぇ。

というわけで、グルメ系のブログを作っておられる方は
このエントリーのように1年に1回とか半年に1回に
行ったお店のベスト3を発表されてみてはいかがでしょうか。
僕はそういうの読みたいでっす。


2006年02月09日

「面白かったですヨ」と伝えるプチ運動をしよっと

今日のは雑感です。

「ARTIFACT@ハテナ系」で「人が喜ぶのが嬉しくてやっている人は儲かる」という記事を読んで思ったことを書いてみます。

『儲からない人は、自分のことを認めてほしくてやっている。  儲かる人は、人が喜ぶのが嬉しくてやっている。』

ま、読んでもらえればわかるんですが、この記事ではこんな言葉を引用して原稿を進められておられるんですね。

この言葉の「儲かる」とか「儲からない」というのは
僕にはよくわからないですが、これってちょっとブログに
通じる部分があるなぁと思いました。

それは、「人気があるブログは、人が喜ぶのが嬉しくって書いている」。

ま、このように一概に言えないことは、もちろんだけど、そういうケースが多いんじゃないかなぁ。

「人気がないブログは、自分のことを認めてほしくて書いている。」

こっちは、もっとそう一概に言えないだろうし、ブログは個人が自由に発信すればいいんだけど、こういう部分もあるだろうなぁと。

あと。このブログの記事は、この引用から進んで

人が喜ぶのが嬉しくてやっていても、義務感ばかり感じるようになったら、続けるモチベーションが減っていく。好きで始めたサイトなのに、閲覧者の期待が大きくなって、それが重荷になり、更新意欲が減るなんてのはよくある話。そういう時は、自分のことを肯定してくれるような感想などがないとやってられなくなる。

と終わるんですが、なんか共感。

それで、このエントリーのはてなブックマークのコメントで
こんなことを残している人がいて、そうだよねーと思ったです。

いいことされたら、もっと喜びを伝えなきゃなあと思った。Web拍手とか投げ銭とか言葉とかいろいろ方法はある。文句は誰でも言うけど感謝は忘れがち。

僕もいろいろブログを読んでて、「これ面白いなー」とか「よく調べてあるなー」とか
「面白いから、また読みにこよー」とか思ったときでも
コメントやトラックバックでそういう意思表示をするケースって、
やっぱりマレなんですよね。

多くの人がそうだと思うんですが、単純に「面白かった」という
コメントを残すのってなんかあえてやろうと思わない。

でも、そういうコメントって、僕もそうですが
単純に嬉しいし、そういうコメントとかでもらう感想って
ブログを書き続けるうえでの大きなモチベーションになるんですよね。
なるなる。

だから、こうだらだら書いてて、結論はかなり単純なことなんですが
個人的に、「面白いなぁ」とか「また読みたい」とか
思ったら、素直にそうコメントに残すようにしようかなーと。

そんなプチな目標を立てたという話でした。おわり。


2006年02月08日

アマゾンで著者のブログが読める

こいつは素敵な企画ですねぇ。

米Amazon.comは2月1日、自分が買った本の著者のブログをAmazonのホームページで読める新サービス「Amazon Connect」を発表した。  このサービスでは、ユーザーが過去に購入した本の著者、および自分で登録した著者のブログが自分のAmazonサイトのホームページに表示される。  Amazonでは現在、このプログラムに参加したい著者を募っており、これまでに約1000人が登録済みだという。著者が自分のWebサイトを運営していても読者に頻繁に訪れてもらえない可能性もあるが、Amazon Connectなら自分の本の読者に向けたメッセージを直接届けることができると説明している。

ニュースソースはこちら


まだ、アメリカだけで日本では未実施のようですが、
これはぜひ日本でもやって欲しい。

アマゾンに買いに行けば、著者のブログと出会えるわけですよね、これ。

アマゾンにとっても著者にとっても読者にとっても
とても有益な試み。
日本で実施されたら僕も即登録しますよ(笑)。

2006年02月05日

通信社の写真を自由に引用できるブログサービス

けっこう興味深いサービスが始まりました。

ゲームポータルサイト「BB Games」の運営などを手がけるソフトバンクグループのMOVIDA ENTERTAINMENTは2月3日、フランスに本社を置くAgence France Presse(AFP通信社)、コンテンツの開発運営を手がけるクリエイティブ・リンクと共同で、ニュースサイト「AFP BB News」のベータ版を開設した。読者にAFP通信社の写真を自由に引用できるブログサービスを提供する点が特徴だ。

これが概要で、これが「AFP BB News」です。
あと、こんな機能もあるみたい。

読者向けに「Actiblog」というブログサービスを提供する。AFP BB Newsの記事と写真をワンクリックで引用できる仕組みを備える。引用された記事はあらかじめ決まったフォーマットでブログエントリの上部に表示される。

要するにここでブログを開設すれば、通信社が使っている写真が、とても手軽に自分のブログに使えるってことですな。ニュースに関する雑感などを中心にブログを綴る人に向いているのかもしれませんね。

今までのブログプロバイダと違って情報を発信する企業がブログサービスを提供し始めたところが、なにか新たな展開の序章って感じがしますねぇ。
将来的には、新聞社とかテレビ局がブログサービスを提供するっていう流れもありなのかなぁ。。。

2006年02月02日

趣味ログ

趣味ログなんていう、ブログサービスが始まったようですね。

ネコ・パブリッシングが運営する趣味の総合ウェブサイト「ホビダス」では1日より、新コンテンツとしてブログ・サービス「趣味ログ」を開始する。 サイトでの無料会員登録により、誰でも自由にブログを作成できる仕組みで、あらゆるジャンルの「趣味人」「おたく」「マニア」「コレクター」のブログが一堂に会する。

こんな概要で、ここにニュースソースがあります。
ま、昨今、こういったオタクマーケットは勢いがありますから、そういった人たちに利用してもらう専用ブログプロバイダができるのは自然の流れですねぇ。

※今日、見たブログニュースをもうひとつ。

ライブドア、わいせつブログ野放し状態

ホコリが出そうなものは何でも叩けって感じなのでしょうか……。

2006年02月01日

福島中央テレビ

ブログとは関係ないネタなんですが、ご紹介。

今、はてなブックマークでもグングン被ブックマーク数を
伸ばしている「福島中央テレビ ちょっと便利帖」というサイトの
便利さが「ちょっと」どころの騒ぎではないんですよー。

ベーシックな調べモノに使えるツールを幅広く
収録しているのはもちろんのこと
ジグソーパズル・日本地図を作ろう
とか
クイズ・この国旗はどこの国?といった遊んで知識が身に付くコンテンツもずらり。

むかーし、学研の『科学』や『学習』を好きだった人には
もー楽しい楽しい。
ぜひ、ブックマークをオススメしたいですねー。

福島中央テレビの丁寧な仕事ぶりに拍手です!

2006年02月その他の過去記事