2008年06月12日

「0億円、2時間で作った」

いやー。久しぶりに「いいお話」を読んだ。これ、ぜひ多くの人に読んでもらいたいっす。

犯行予告収集サイト「予告.in」公開 「0億円、2時間で作った」

「総務相が、ネット上の犯行予告を検知できるソフトの開発費を来年度予算の概算要求に盛り込むと発言した。費用は数億円」という報道を受け、開発者の矢野さとるさん(26)は、犯行予告収集サイトを1人で2時間で構築・公開した。

こんな概要なんですけどね。ま、このサイトがちゃんと機能するかどうかは、やってみないとわからないかもしれないけれど、この矢野さんの行動力とスピリッツは、いいよ! 国はなんでもかんでも金を出してとなるけど、こういった善意で行動する人もいるわけで。ね。

矢野さんは「2chで犯行予告を探し、通報しているボランティアは多い。そういった“ネット上の良心”をリソースに、人手で探す人海戦術のほうが、より精度が高いだろう」と考え、CGM(Consumer Generated Media)型防犯システムを発案したという。

 「最近は、ネットの悪い部分ばかり取り沙汰され、いい部分があまり出てこなくて悲しい。2chの住人の地道な活動などが、こういうツールやサービスを通じていい方向に使われば」

「最近は、ネットの悪い部分ばかり取り沙汰され、いい部分があまり出てこなくて悲しい」。本当にそうっすよね。んで、市井の人の良心をベースにこんなシステムを作るなんて。クゥー。惚れた!矢野さん惚れ!
久しぶりに「いい話だなぁ」と思ったっす。はい。

Trackback on "「0億円、2時間で作った」"

このエントリーのトラックバックURL: 

"「0億円、2時間で作った」"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "「0億円、2時間で作った」"

"「0億円、2時間で作った」"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •