2008年06月09日

ライブ型犯罪

昨日の秋葉原の通り魔事件。まず、亡くなった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。こんな形で人生を終えなければならなかったこと、無念で仕方ない。遺族の方々の心痛も想像すると、言葉もありません。また、お怪我をなさった方も多数おられるとか。少しでも早いご回復をあわせてお祈りいたします。

さて、事件を報じる新聞などをいくつか見たのですが、「ブログに情報アップ」なるフレーズが散見されますね。「劇場型犯罪」ならぬ「ライブ型犯罪」なんて言葉もありました。あの警棒をもって犯人に迫っている写真や、逮捕の瞬間などを撮影したのは、一般の人のようですね。また、事件後現場に来た記者が、その場にいた人たちに事件の概況を聞き「なにか画像をお持ちでないですか?」という質問が、たびたびあったようで。浅間山荘事件など、メディアの発展はたびたび大事件とリンクして語られるものですが、この事件もそういった語られ方をしそう。ふーむ。

んで、ブログ界隈もいろんな発信をされているので、見てみました。

まず、『アキバBlog』さん。街に出てのルポが多いブログですが、今回の事件でもいくつもの写真をアップされておられます。また、関連記事のリンクも豊富です。
「秋葉原通り魔  事件発生現場の様子」
しっかし、このレンタカーのトラックが突っ込んできて、その中に通り魔が乗っているとは、想像もつかない。なんか緊迫感のないクルマだ。これ。

んで、そこにいた人はどんな気持ちだったのだろうか――と思ったら、まさに現場に居合わせた方が、リアルなルポを書いておられました。

秋葉原通り魔事件 現場に居合わせた者の主観的記録」(『筆不精者の雑彙』より)

 考えてみれば、逃げる時の路地が東西逆だったら死傷の可能性もあったわけですが、今思い返してみても特に「怖い」と実感したとか、そのようなことはありません。事態の全容がその近くに居過ぎてかえって分からず、変に生々しい断片を見ていると、ただひたすら「わけが分からない」ような、不条理な感覚がするばかりです。  その不条理感を克服する為に、この記録を綴ったというわけでもあるのですが

締めにこんな感想を書いておられますが、とてもリアルな記事です。テレビなどで作ったリアルは、リアルっぽいけどウソっぽい。本当のリアルというのは、こういったものなんだと改めて感じさせてくれます。

というわけで、この事件。ブログでもまだまだ関連記事が出そうなんで、追ってみたいと思います。

Trackback on "ライブ型犯罪"

このエントリーのトラックバックURL: 

"ライブ型犯罪"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "ライブ型犯罪"

街中での犯罪はこのように一般人でも動画を撮影できる
時代。便利なのに、それと同時にヒトが何かを失ったような気がしますね。ごく一部のヒトの話ですが、、

  •   waqs
  • 2008年06月09日 21:48

> waqsさん
どもです。そうですねー。便利なツールというのは、往々にして諸刃の剣な部分があって、良い面と悪い面両方ありますからね。
ケータイにしたって、便利だけど何かを失った気がするし。でも、悪いところがあるとわかりながらも、後戻りできないのが、人類の発展だった気がしますよね

  •   岡部敬史
  • 2008年06月10日 16:24

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •