2008年03月27日

チベット問題

チベット問題について、なんとなくテレビや新聞レベルの報道は、沈静化といったスタンスですが、ブログ界では、とても盛んに意見発信が行なわれています。

ブログができ始めた当初、こういった政治レベルの意見発信が増えるという予測があったわりには、はっきりとした意見表明みたいなものは少なかった。けど、今回のチベット問題を見ていると、初めてそういった意見発信に広く使われるようになったんじゃないか。こう思ってます。そういう意味では、このチベット問題は、ブログシーンと見ても興味深い。

今、このチベット問題についての意見発信で注目されているのが、登山家の野口健さん。「チベット動乱〜北京五輪出場への条件〜 」と題するエントリーで自身の考えを述べておられます。

オリンピック出場の条件として国連などによる国際調査団の受け入れとダライラマとの直接対話を中国に強く要求するべきではないだろうか。オリンピックと政治は別問題とよく言われるが、本当にそうでしょうか。そもそもチョモランマの山頂にまで聖火リレーし、オリンピック開催までに急ピッチでラサを開発し、「中国のチベット」を演出しようとしている中国自身がオリンピックを政治利用しているではないか。「オリンピックと政治は別問題」は所詮は綺麗ごとであり、建前でしょうに、それを鵜呑みにしたらそれこそ中国の思うつぼでしかない
  

 チョモランマは私にとっての聖地でもあります。中国にとってタブー中のタブーであるチベット問題について発言を繰り返せば二度とチベットに入れなくなるかもしれない。すでにその手の忠告がないはずもない。ひょっとすると、もう二度とチョモランマに帰れないかもしれない。私の故郷が一つ奪われてしまうかもしれない。極めてデリケートなテーマだけに正直、発言に躊躇もしたが、しかし、現場を知っている人間は逃げられない。そして語らないことは加担する事と同じだ。確かに一登山家に出来る事は限られている。しかし、私にも何かが出来るはず。そうせめて声を上げ続けていきたい。

文末だけ紹介しますが、全文通して読んで欲しいと思う。登山家としてたびたびチベットを訪れた野口さんの真剣な考えがよく出ています。

あと、金子達仁さんも、今日、ブログじゃないけどコラムで「わたしは、北京五輪をボイコットする」と宣言されておられる。

かの地を訪れた人の発信というのは、不思議なくらい少ないですが、これから出てくるのかな。注目したい。

あ、そうだ、この「ダライ・ラマ法王日本代表部事務所からのアピール/日本の皆さまへ 」というネットに掲載されたアピール文。多くの人が見ることで何かが変わるかもしれないね。

Trackback on "チベット問題"

このエントリーのトラックバックURL: 

"チベット問題"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "チベット問題"

チョモランマへの思いとチベットの人々を思う気持ちは、大変よく伝わりました。
ただ、私の見解を述べるならば、中国政府を変に刺激するほうが彼らにとってもっと苦境に立たされるのではと思います。
逆に、中国政府がもっと民主的な価値観をもてるように新しい世代を我々のほうに引き込んでいく考えのほうが得策に思えます。
もし、オリンピックが失敗に終わって、中国が冷戦時代の状態に逆戻りするならば、本当に解決が長引くのではないでしょうか。
今、昔と違って、ゆっくりだけど中国は変わっていっていることはご存知のことと思います。
また、若い世代は少しづつ欧米や日本、韓国の文化に馴染みだし、考え方も民主的になりつつあります。
第二次大戦後、日本人がアメリカに対する気持ちが変わってったように、中国もそうした道を歩んでいっているのだと私は考えております。

だから、完全にまだ人道的な対処に至っていないかも知れませんが、彼らを逆戻りさせないように中国政府の立場を考えながらこの問題に対処すべきだと私は思います。

欧米諸国が完全なボイコットに至らなかったことは、まことに不幸中の幸いだったと思っております。

  •   Eicoln
  • 2008年03月30日 02:07

> Eicoln さん
コメントありがとうございます。
>中国政府がもっと民主的な価値観をもてるように新しい世代を我々のほうに引き込んでいく考えのほうが得策
こういう方向に導ければいいんですけどね。また、日本人はこういった問題について、もっと考えていきたいですね。

  •   岡部敬史
  • 2008年04月07日 15:47

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •