2008年03月13日

「違和感を感じる」に違和感を覚えよう

そのうち、「スゴブロ」で文章講座でもやろうかなぁと思っているんです。

というのは、こうやってブログが増えてきて、見られる文章を書く人が増えているけど、上手い文章を書こうという視点が、もうちょっと増えたらなぁと思うからであります。

うまい文章ってのは、中学や高校の作文と違って、リズムよく読ませること。

ま、エッセイとか、そういった類の文章センスをアップさせるってことですかね。

よく「です。ます。」と「である」が混在しちゃいけないなんて、堅苦しいことを言う人もいますが、別にそれでリズムよく読めるなら問題ないのだ〜。ま、てなわけで、ブログ用の文章講座なのかな。

ま、まだ構想段階で、まだまだ先だけど、こんなネタをーという、エッセンスをこれからちょっとずつ紹介しようかと。

そのひとつが、タイトルに書いた

「違和感を感じる」に違和感を覚えよう

ってことです。意味することわかります、これ? つまり「違和感」という言葉の最後は「感」ですよね。それにすぐ「感じる」と来ると、リズムが悪い。だから、「違和感」は「覚える」ほうがいいんです。

文法どうのこうのよりも、こういうところに気づかないと、たぶん文章のセンスはよくなんないです。編集者でも、原稿の手入れが上手い人は、こういうところに生理的に気づく。センス悪い人は、教科書的なことばかりで、こういうところに気づかないもんなんです。

別に同じフレーズや、同じ言い回しを繰り返しても、文法上は間違いじゃないけど、リズムが悪い。だから原稿が上手い人は、同じことをいろんな形で表現できるし、同じ意味の言葉をたくさん知っている。

こういった能力を身につけるには、何よりも本を読むことが大切。これ基本。

でも、便利な道具もある。それが「類語辞典」。同じフレーズや、同じ言い回しが続いたとき、これをひくと違う言葉が出てくるから、それを用いれば、リズムよいいい文章が作れます。

これネット版もあります。

シソーラス(類語)検索

リズム良い文章が書きたいと思う人は、一度使ってみてください。ちょっと世界が広がるはずですよ。


Trackback on "「違和感を感じる」に違和感を覚えよう"

このエントリーのトラックバックURL: 

"「違和感を感じる」に違和感を覚えよう"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "「違和感を感じる」に違和感を覚えよう"

> シソーラス検索
かなりお世話になっています。
企画書や提案書も言葉ひとつで印象も違うと思います。
あとは、ひとつの言葉から連想できるイメージを拾うのにも役立ちますね。

  •   aqui
  • 2008年03月17日 17:29

aquiさん。こんにちは。これ便利ですよねー。サイトに無料版がもうすぐなくなるみたいなことが書かれてますけど、これはお金払っても使いたいかも。いいツールですよねー

  •   岡部敬史
  • 2008年03月20日 23:26

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •