2008年03月05日

規約改定の意図をミクシィが説明

昨日書いてたミクシィの利用規約改定について。
あれからもけっこう騒動になった影響もあって、ミクシィサイドから説明があったみたいですね。

ミクシィの広報担当者はこれに対し、「ユーザーの日記などの権利は従来通りユーザー自身が持ち、書籍化も、ユーザーの事前了承なしには進めない」と釈明。その上で、新条項を追加した意図について、

(1)投稿された日記データなどをサーバに格納する際、データ形式や容量が改変される(ユーザーの著作者人格権《同一性保持権》を侵害する)可能性がある

(2)アクセス数が多い日記などは、データを複製して複数のサーバに格納する(ユーザーの複製権を侵害する)可能性がある

(3)日記などが他ユーザーに閲覧される場合、データが他ユーザーに送信される(ユーザーの公衆送信権を侵害する)可能性がある

――など、厳密に著作権法を適用した場合に、ユーザーに無断で行うと法に抵触しかねないデータの複製や改変について、規約で改めて規定した、と意図を説明した。

詳しくは、こちらをどぞー。

というわけで、以前のライブドアブログと同様に、事態は収束しそうですかね。ま、とはいえ、最近のミクシィは、安全面でも脆弱だし、広告も入りすぎで見づらいしで、なんとかなんないのかなぁとは思っております。
もっとユーザーサイドの改良をお願いしたいっす。いやホントにねぇ。


Trackback on "規約改定の意図をミクシィが説明"

このエントリーのトラックバックURL: 

"規約改定の意図をミクシィが説明"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "規約改定の意図をミクシィが説明"

"規約改定の意図をミクシィが説明"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •