2008年01月31日

餃子問題

餃子問題。大変なことになってますな。

被害さらに拡大、マルハ・日ハムも回収 中国餃子中毒事件

てな感じで、回収業者も増え、騒動はこれから大きくなる一方でしょう。
ただ、こういった騒動が起こったとき、いろんな方向からモノを見る視点を失ってはいけないです。今、テレビのワイドショーあたりを見ていると「とにかく餃子はヤバイ」とか「農薬危険!」といったヒステリックに流れてくる情報ばかりを摂取して、本当のことが見えなくなりますからね。

そんなときブログの情報には、いろんな視点を与えてくれるものがあります。
例えば、こちら。

工場で使われる薬品は農薬ではありません。中国でメタミドホスが農薬としても使われるのは間違いありませんが、今回の件でこれを農薬として扱うのは無理があると思われます。なのにどこでも農薬がどうこうとか・・・これは明らかに2次被害を生む報道ですが、きっとマスコミ自身は何がおかしいのか絶対分かっていないと思います。  農薬として使われているものなら農薬と言っても良いじゃないか、と考える人がいれば、蚊取り線香や普通の家庭用殺虫剤を使っている部屋は「農薬を散布し、充満している部屋」となりますし、料理に重曹を使えば「農薬が大量に混入した料理」となります。それはおかしいですよね。

こちらは『農家こうめのワイン』というブログの「中国製ギョーザからメタミドホス その2 枕詞のように使われる「農薬」「有機リン系」は正しいか」というエントリーから。農家の方が綴られているだけあって、現状を冷静に分析されておられます。

んで、この方も書いておられますが「農薬」というものに対するメディアの捉え方のおかしさというのは、前々から方々で指摘されてるんですよね。例えば、農薬の安全性を考慮して効力の弱いものを使うために、以前よりも散布の回数を増やすと「なんと●回も農薬を撒いている!」とかね。
ま、このように一般報道されていることでも、いろんな立場の方の意見を見てまわると、いろいろ本質が見えてくるものです。そんな意味からしても、ブログというのは有益なわけです。というか、こういうときこそ、いろんなブログを見てまわるといいですよ。


Trackback on "餃子問題"

このエントリーのトラックバックURL: 

"餃子問題"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "餃子問題"

トラックバックありがとうございます。
農薬については、過剰に反応する勢力がいるのが困りものです。実は意外と情報公開も進んでいる分野なのですが、「農水省や厚労省のホームページなど信用できない」と言う人もいてお手上げです(^^;きっと近日中の「美味しんぼ」でまた農薬批判の回が掲載されることは間違いないでしょう。
食品被害が出たことは出たとして、関係業者・機関には冷静に対処してほしいものです。しかしもしマスコミがまた相変わらず感情的な報道に陥るなら、何の効果もない規制が強化されるだけで、業界は居づらくなりこそすれ良い方向に向かうことは決してないでしょう。

  •   koume
  • 2008年01月31日 16:53

> koumeさま
コメントありがとうございます。おっしゃるように、こういう事件があると、とかくヒステリックに報道され、その結果、あまり実効性のない規制ばかりが強化されますよね。そういう状況の抑止のためにも、こういった意見がブログを通じて発しられることは、とても有益かと思います。これからもブログ楽しみに拝見させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

  •   岡部敬史
  • 2008年02月01日 13:18

餃子問題ほんと心配すね。。

私には小さい子供がいるのでよけいです。
なかなか勉強になりました!!!

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •