2007年12月25日

イブの名物企画(笑)

みなさんメリークリスマス!

と、勢いよく書いてみましたけど、もうすっかりそういうイベントごとには「動かざること山のごとし」の僕なんですけどね。ま、普段通り仕事して普段通りお酒を飲んで、普段通りネット見てたら、今年もあの企画があって笑った(笑)。

クリスマスイブに1人って、そんなにいけないことですか? イブに1人というだけで、みじめな気持ちにさせられるのはなぜですか――  今年もとうとう、あの日になってしまった。12月24日。サンタとかいう名のメタボリックなじいさんが、文字通り煤けた格好で飛び回る日だ。そう、幸せな人はもっと幸せに、寂しい人はもっと寂しく。ああ幸福の格差社会。  正直に言う。記者はもう、クリスマスにキャピキャピするほど若くはない。29歳。何者にも拘束されないフリーダムなクリスマスを過ごして、何年目になるだろうか……。

ま、こんな書き出しでね。ご存知の方も多いと思いますが、ITmediaの岡田有花記者が、毎年クリスマスイブに放つ「寂しくないもん!」記事、今年も出来てました。乙!!!

クリスマスに疲れたあなた、『1人のイブ、ITにすがりつく』をどうぞw

でもね。僕、思うんですが、クリスマスのフィーバーぶりなんて、僕が大学入ったばっかの頃、えーと89年とか90年かな、その頃に比べたら全然マシですよ。今なんて。

当時は、本当に半年前から赤プリとかホテルを予約したり、ホワイトクリスマスとか言ってスキー場で過ごすのが“当然”みたいな風調だったんすよ。昼間ニュースみてたら「今年はホームパーティーが多い」なんて言ってたけど、当時はこんなこと許されなかったんすよ。いやマジで。あのバブル末期の異常な感じに比べたら、今なんてマシマシ! あの頃は辛かった〜。

というわけで、昔よりは全然マシです。クリスマス。岡田さんには、来年、バブル期をサバイブしてきた先達たちのクリスマスを取材して笑い飛ばしてもらいたいものです。じゃ、僕、寝る。

Trackback on "イブの名物企画(笑)"

このエントリーのトラックバックURL: 

"イブの名物企画(笑)"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "イブの名物企画(笑)"

"イブの名物企画(笑)"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •