2007年12月07日

角川会長の考える“次の著作権”

著作権に関して、とてもいい記事なので、クリッピングがてらご紹介。

「YouTubeは世界共通語」――角川会長の考える“次の著作権” (1/2)

という岡田有花さんの記事で、著作権について角川歴彦さんが語っておられる。

「YouTubeには確かに、角川の作品を含め、著作権をクリアしていない動画がたくさん上がっている。日本の権利者はすぐに訴えてやめさせようとするが、日本の起業マインドを萎縮させるだけ。日本の競争力強化にもつながらない」

「日本の著作権法は、萎縮効果を生んでいる」

ネットに対する「2つの誤認」も、日本での革新をはばんでいるという。1つ目は、GoogleやYouTubeといったWeb2.0企業が「誰もかなわないような技術力を持っている」という誤認。2つめが「ネット上は海賊版がはんらんする違法コピーの巣窟」という誤認だ。

ま、パパッと拾っただけなんで、詳細は記事で読んで欲しいですが、著作権の本質を理解されてるいいお話です。こういう年配の方に、凝り固まった頭の人たちを説得して欲しいですね。

Trackback on "角川会長の考える“次の著作権”"

このエントリーのトラックバックURL: 

"角川会長の考える“次の著作権”"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "角川会長の考える“次の著作権”"

"角川会長の考える“次の著作権”"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •