2007年10月12日

亀田いろいろ

亀田戦の後は、ネットがホットですね!

ま、その一因には、テレビを見ているだけだと「本当のこと」にたどり着けないからですね。ま、それでいろんな情報がネットにアップされておって方々見て回ったんですが、この内藤さんというチャンピオンは、本当によくできた人ですね。

「亀田家のやっていることが世間で認められたらだめ。切腹とか言って。ばれなきゃ反則もいいとか、違うよね。試合後に後味悪いなんて一番よくない。ボクシングって、試合終わって抱き合うでしょ。ついさっきまで本気で殴り合ってたのに。こんなスポーツはない。プロ目指してたころは、格好いいと思いましたよ。(大毅に対しては)最低でも厳重注意にはしてほしい」

これは「目を狙ってきた」 ボクシング内藤陣営一問一答」という記事に出てたんですが、本当にズバリとものを言う姿勢に感服します。こういうインタビューは、なんであまりテレビに出ないんだろうか。

あと、「拳論!取材戦記」の「ボクシングを守った内藤〜WBC世界戦」という記事もなかなかの読み応え。

しかし、そこに専門誌のライター氏が鋭く内藤に質問した。「大毅は内藤選手の目を見て戦ってました?」分かるだろうか? ボクサーは目の勝負でもある。相手の視線で次に来るパンチが読める。徳山昌守は、この目を使ったフェイントが得意だったのだが、当然観衆に伝わりにくいため彼の技巧は過小評価を受けた。大毅がもし内藤の目を見ていたら、フェイントに引っかかっただろう。答えはノー。その瞬間、関係者の間から笑いが起きた。「内藤さん、大毅はフェイントに気づいてなかったんですよ」つまり、フェイントを先読みして引っかからなかったのではなく、大毅は内藤のパンチを読む手法すら身に着けていなかったということ。内藤は一言「・・・あ、なるほど」会見場は笑いに包まれた。大毅はフェイントも必要なかったレベルだったのか。ただ、宮田会長は「フェイントは内藤のスタイルだから大目に見てください」とフォローした。

こういった会見の模様とか、ちょっと突っ込んだボクシング情報は、実に有益ですね。

最後に「亀田大毅が反則していないという証拠音声ファイル」という超絶ネタがあるんですが、これはお腹が痛くなるくらい笑ってしまうので、注意が必要ですよ!

Comment on "亀田いろいろ"

亀田戦のあとは色々なメディアやタレントさんのコメントや批評がすごかったですよね!

  •   dai
  • 2007年10月15日 10:09

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •