2007年09月25日

極刑陳情書

今朝の『とくダネ』を見て知ったのですが、名古屋で事件に巻き込まれて亡くなった磯谷利恵さんの遺族の方が「極刑陳情書への署名」を求めるサイトを開設されておられるようです。

これほど残忍な事件に巻き込まれた遺族の方の無念を思うと、少しでも多くの人に見ていただこうと考えて、紹介しておきます。

あと、磯谷利恵さんのブログも紹介しておこうかな。

『なごやんの食道楽記』

事件発生当初は、新聞や各サイトでいろいろ紹介されて、ブログにもコメントが殺到してて、慌しかったので、紹介するのを自粛してたんです。でも、ブログの来訪者数も沈静化したようなんで、磯谷さんのその人柄などが伝わってくる、素敵なブログでありますので、ご紹介しておきます。

こんなお嬢様をこんな事件で亡くされたご遺族の方には、なんとお言葉をかければいいのかわからないですが、お見舞いと応援の心をお送りしたいと思います。

※あと、この事件に関しては、殊更、犯人たちが集まるきっかけとなった「闇サイト」なるものにスポットが当たってて、なんだか違和感。テレビ報道などは、なんかこういう事件があると「インターネットが引き起こした」的なスタンスをとろうとするけど、なんかちょっとおかしくないか。電話で犯人が知り合ったら「電話殺人事件」なんていわないもんな。どうも一般報道は、ネット=悪という図式に落としこもうとしている感がしてならないんですよね。これに関しては、以前「犯罪がらみでブログが報道されることに覚える“違和感” 」という原稿に書いたんですが、それから一向に変らないなぁ。なんとかしたいとこだ。

Trackback on "極刑陳情書"

このエントリーのトラックバックURL: 

"極刑陳情書"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "極刑陳情書"

"極刑陳情書"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •