2007年08月31日

ネット書評家の実力

今週の月曜日、日経新聞夕刊の文化面に「ネット書評家の実力」という記事が出て、いくつかのブログが紹介されてました。んで、この記事に関して、『俺と100冊の成功本』において、「「ネット書評家の実力」8月27日 日経新聞夕刊文化面より」という素晴らしいまとめ記事が載っているので、未読の方は、ぜひご覧ください。

いろいろ共感する部分が多いのですが、「自分の書評がきっかけで本が売れるのはとても面白い」という気持ちがあるから、これほど多くの人に影響を与えるブロガーになったという点は、本当にそう思いますね。

やっぱ、まず、自分が紹介したものが売れて「紹介してくれてありがとう」という反応があるから、やってて楽しいし、続くんだと思うんですよ。また、こういうスタンスだから、読者の信用も厚い。こういうのこそがmさに「口コミ力」ってもんですよ。

あと、「薦めたいものを取り上げる」というのをポリシーにしているというのも、わかるなぁ。書評だけでなく、レストラン評にしても、だいたい悪いものを取り上げる人って、そのジャンルを咀嚼している絶対量が少ない人ですよね。「俺と100冊の成功本」でも書いておられましたが、ダメなことを書いている暇があったら、いいものを紹介したほうがいいですもんね。

ま、そんなわけで、ブログ発の口コミ力ってのは、その理想形が、まず書評というジャンルにあるってことを再認識した次第でした。ちなみに、僕は、ここで紹介されているブログのほかに、書店員さんがやっているブログもすごく役に立つと思うですよ。つーわけでした。

Trackback on "ネット書評家の実力"

このエントリーのトラックバックURL: 

"ネット書評家の実力"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "ネット書評家の実力"

"ネット書評家の実力"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •