2007年05月12日

そこまで言って委員会

昨日、ある人と「もっとも本が売れる宣伝媒体って何でしょね」って話をしてました。

昔は「朝日のサンヤツ」とか言って、ま、新聞一面の3段分を縦に8つに分割したところに宣伝を載せると効果的、なんて話しもあったようですが、いまどき、そんなんじゃ売れないよなー。

なんて話をしてて、僕がピンと来たのが、大阪でやってるテレビ「たかじんのそこまで言って委員会」です。これ、司会をやしきたかじんと辛坊治郎さんがやってて、勝谷誠彦さんや宮崎哲弥さんなんかがパネリストで、いろんな問題について討論するんですが、扱う話題もスリリングだし、討論も関東の番組とは、ちょっと毛色が違って、本音感とか、暴露感があってすごく面白い。

先日も『環境問題はなぜウソがまかり通るのか 』という本を取り上げ、かなりその本も売れたみたい。帯に「たかじんのそこまで言って委員会」で大反響! みたいに書かれてました。この番組の名前が本の帯になるなんて、僕は初めて見たけど、これからすごく増えそう。だってああいう感じで本の内容を上手に紹介してたら、読みたくなるもんなぁ。

この番組、僕は東京に住んでいるので見られないんですが、You Tubeさまで見ましたw 環境問題の回は、こちらで見られるよ。これはPART1で、PART7まであるけど、かなりビックリ内容満載です。ま、You Tubeなんでいつまで見られるかわからないから、東京でも普通に放送してくれることを期待してます。

あと、書評って、紋切り型のものじゃ、もう影響力が下がってますね。それなら、有力ブロガーさんが取り上げたほうが、断然動くというのが、業界の定説になってきました。この書評力に関しては、ブログの力はここ2〜3年で大きく上がりましたね。

今度、有力な書評ブログの一覧でも作ってみますかね。

Trackback on "そこまで言って委員会"

このエントリーのトラックバックURL: 

"そこまで言って委員会"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "そこまで言って委員会"

"そこまで言って委員会"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •