2006年10月09日

アメリカの「ブログの女王」

「ブログの女王」といえば、眞鍋かをりさんとか、「しょこたん」とか日本のお話だと思ってたけど、アメリカにもそう呼ばれる人がいるみたいですねー。

アメリカの「ブログの女王」はなぜ自分のすべてをさらすのか

この記事にアメリカのブログの女王とされる「ステファニー・クライン」さんのことが書いてあります。彼女はこんな人みたいですね。

クラインはニューヨーク生まれのニューヨーク育ち。元々作家志望で、バーナード大学では英語を専攻し、優等の成績で卒業している。

 その後、彼女は広告業界でインターアクティブ・アートディレクターとして8年間働いた。プライベートでは医師を職業とする男性と結婚し、アッパーイーストで幸せな日々を送った。しかし、彼女はこの男性を信じられなくなり、妊娠中だったが離婚し中絶した。そして、新たな愛を求めての日々があり、現在はテキサスに住んでいる。そして、このコラムの執筆時(2006年8月20日)にはお腹にふたごの赤ちゃんがいる。

んで、こちらが彼女のブログ「ギリシアの悲劇
ま、要するにタレントさんでなく、一般の人がブログで注目されて「ブログの女王」になったと。そういうことですかね。個人的には、日本でもタレントさんでなくて、普通の人が「ブログの女王」になってくれたほうが、なんかいい気がすんで、そうなることを期待したいなぁと思ってます。ま、この呼び名もどうなのか〜という気もせんではないですがw


Trackback on "アメリカの「ブログの女王」"

このエントリーのトラックバックURL: 

"アメリカの「ブログの女王」"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "アメリカの「ブログの女王」"

"アメリカの「ブログの女王」"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •