2006年06月25日

トラックバックのご説明

 トラックバックについては、過去に何度も書いてきましたが、新たにブログを始めた人がいたり、また質問されたりする機会も増えてきたので、また、概論を載せておきます。

以下、長くなるので畳んでおきます。トラックバックについて、理解したいという方だけ読んでいただければ〜って感じです。今回は、従来の指摘に加えて「トラックバックの理想論で語られている説明に流されちゃうとわかりにくいよ理論」(笑)を追加してみました。なお、別の場所でも使おうと思っている原稿なので、若干、普段のこのブログの口調と違いますけど、気にしないでくださいね(笑)。

ブログを始めたばかりの人にとって、いちばん理解しにくい機能が、トラックバックだと思う。

でも、このトラックバックというものは、“理想論で語らない”ようにすれば、実に簡単なんですね。

トラックバックは初めて聞く言葉かもしれません。これは「あなたのブログに影響を受けて私もブログを書きましたよ」と意思表示する特別なリンクです。誰かのブログを読んで意見を持ったら、ぜひ自分のブログに書いてトラックバックを送ってください。逆にあなたのブログを読んだ誰かから、トラックバックが送られてくるかもしれません。ちょっとドキドキしませんか?

 これはライブドアブログにあるトラックバックの説明なんですけど、ここで話をややこしくしているのが、「あなたのブログに影響を受けて私もブログを書きましたよ」という部分なんです。

「俺のブログに影響を受けた人が意思表示する特別なリンクって……うーん」

これを読んだ人って、こうなっちゃいますよね。よくわからない。でも、なんだか素敵な感じ。この文章には、とても人間の心というか、デジタルじゃないアナログな感覚がありますね。

「なんつーか、人間同士のつながりっていうの?」そんな感じ。

でも、現実はもっとシビアでデジタルで、実にわかりやすいんです。

トラックバックってのは、すごく簡単に言ってしまえば、
「相手のブログにこちらのブログのリンクを勝手に貼りつける行為」
ってことなんです。これだけです。

ここには、「相手の記事に影響を受けた」とか、そういった人間の感情レベルの話は一切ナシ。単純に相手のブログにこちらのリンクを貼り付けるだけの機能だと理解してください。

 実際にブログを始めてみればほとんどの人が体験すると思いますが、トラックバック先のブログに行ってみても、自分の書いた記事とまったく関係ないことが書かれたブログに遭遇することが多々ありますよね。

 現在問題になっているトラックバックスパムはもちろんのこと、普通の人が普通に書いている記事であっても「どこが関係あるのだろう?」と思うことも多い。

 でもこういったものも、トラックバックであることは紛れもない事実です。

 つまり、「トラックバック先には、必ずこちらの記事についての言及がある」というのは、トラックバックが使われる際の理想であって、すべてに当てはまる現実ではないというわけです。

 これと同じような理想論が「トラックバックとは相互リンクである」というものです。

 ちょっと例え話をしましょかね。

「沖縄では天ぷらにソースをかけて食べる」
 こんな記事をAというブログで見たとします。これを受けて「私の出身地・和歌山では天ぷらをソースで食べる人が多いが、沖縄でも多いようだ」なんて記事を書いてAにトラックバックを送ったとしましょう。

 ま、体験者には当たり前の話なんですが、これだけでは相互リンクになりません。

「Aというブログで『沖縄では天ぷらにソースをかけて食べる』という記事を読みましたが、私の出身地・和歌山でも天ぷらをソースで食べる人が多いんです」
 こう書いてAというブログにリンクを貼る。こうやって初めて相互リンクになるわけですね。

 よくトラックバックというのは、トラックバックURLをコピーしてきて自分のブログをアップするときに所定の場所に貼り付ければ、自動的に相互リンクになると思っている人がいますが、これはなんないです。

 ちゃんと自分の記事の中で先方の記事を紹介してリンクを貼る。
 こうしないと相互リンクにはならないので、「トラックバックは相互リンクである」という言葉は、理想論だけど、正確とは言い切れないと思うんですね。

要するに、トラックバックという機能は、ある意味、人間がコミュニケーションを図る上で「たぶんするだろうなぁ」というマナーを前提に作られているわけです。
だから、そのマナーを守っていかないと、なかなか円滑な交流を促進するための機能にならない。

つまりトラックバックを使って円滑なコミュニケーションを促進させる役割を果たすためには、使用する人が共通で持つべきマナーが必要となってくるわけですね。

というわけで、長い説明になってしまいましたが、以下にそのマナーを提示しておきますから、トラックバックを使って、相手先のブロガーと交流したい人は、以下のことを守るようにしましょう。

@トラックバックをする先のブログ名を自分の記事内で紹介しリンクを貼ること。
 これは基本中の基本。ぜひしましょう。「○○というブログによれば〜」と記事中に入れてもいいし、「トラックバック先……○○BLOG」と文末で紹介してもいい。トラックバック先を紹介することは、あなたのブログの読者にとっても有益なことですからね。

A記事の内容に言及すること。
 トラックバックとは記事単位に送るものであるので、自分のブログでは該当記事に関連する記述をするようにしましょう。作者と趣味が同じ――これだけで、記事とは関係ないトラックバックを送るのは好ましくないかな。そういう場合はメールを送るとか、コメントするなど別の方法を採りましょう。

Bトラックバックは謝意を表すために使わないこと。
いわゆる「トラックバック返し」問題です。これは、@Aに比べるとそれほど重要度が高くありませんが、迷う人がいるので言及しておきます。
トラックバックをもらうのは、嬉しいものですよね(ちゃんとこちらの記事に言及しているやつね)。自分の記事に影響を受けて、他人が記事を書いたことを知らせてくれるというのは、なかなか新鮮な体験ですもんね。こんなとき、先方にトラックバックを返すことでこの嬉しさを表現したい。感謝の気持ちを表したい。こう思う人がいますが、相手先が、記事の中でこちらのブログにリンクしている場合、この行為にはあまり意味がありません。感謝の気持ちを伝えたいなら「トラックバックありがとうございました。今後ともよろしくお願いしますね」と相手のブログのコメント欄に書くようにしましょう。謝意を表すためだけのトラックバック。これは、なんとなくナシということにしておきましょう。

 以上がトラックバックを使うときのマナーです。

 ま、たったこれだけなんですけどね。要するに、相手の記事をちゃんと読んで、その記事に関連することを自分のブログに書いて、相手先へのリンクを貼ってトラックバックすればいいということですね。

 このように なにかと難しいイメージが先行するトラックバックですが、その機能自体はいたって単純。積極的にコミュニケーションが図れるブログならではの優れたツールなので、マナーを守って積極的に使っていきましょう。おしまい。


Trackback on "トラックバックのご説明"

以下1件のトラックバックはこのページのエントリー"トラックバックのご説明"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

» トラックバックって何?

  • 2006年06月27日 09:11
  • from Yuのつれづれ日記

いまさらですが、 時々通わせていただいている「このブログすごい!BLOG」さんの”トラックバックのご説明”の記事を読んで私のTBの方法が間違っていると改めて思い... [続きを読む]

Comment on "トラックバックのご説明"

"トラックバックのご説明"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •