2006年05月30日

新聞社サイトのアクセスが伸びない理由

新聞に生き残りの道はあるか 新聞社サイト、アクセス伸びず
という記事が、ちょっとした注目を集めています。

「新聞社はもっと危機感を持つべき」――新聞の読者は減っており、新聞社サイトの読者数の伸びも鈍い。新聞社はネット時代に生き残れるのだろうか。

ま、こんな提言のもと、新聞社がネット時代に生き残れるのか――なんてことを考えておられる。ちなみにそんな新聞のサイトは、生き残り策として

 1つは、パッケージを売るという考え方を捨て、高品質な記事を提供するプロバイダーに徹すること。特ダネを含めてすべてネット配信し、ポータルやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、ブログなどへの掲載記事を増やしてニュース配信料やトラフィックを稼ぐ、というアイデアだ。  もう1つは、新たに魅力的なパッケージを開発して集客する、というアイデア。堅い記事だけでなく、エンターテインメント系の柔らかい記事を増やしたり、集客力のある外部コンテンツを買収・提携したりする、というものだ。

この二つを記事内で挙げてますが、どう考えても最初のほうになりそうな……。

ま、それはさておき、そもそも新聞社のサイトのアクセスが伸びない理由ってのは、根本的な部分がダメだからってことは、わりとネットを使っている人はぼんやりわかってると思うんですよねー。
だって、なんだか、だって不便なんだもーん。
と思っていたら、「はてブ」でブックマークしている人たちがいろいろ書いていたので、ご紹介するんで、新聞社のサイト担当の人、見てくださいね(笑)。

●記事の中に一切リンクがない。
→そうそう! なんか、新聞社系のサイトって、別のサイトを紹介しているのに、それにリンクしないんだよなぁ。これは、単純に不便でしょ。リンクしなさい。

●古い記事をどんどん削除する。
→そうそう! せっかく新聞社のサイトにリンクしてブログとか書いても、そのうちその記事が消されちゃうでしょ。せっかくこっちがリンクしてあげてんのに、んもー。消さないでよ! んで、前から言ってますが、新聞社はその記事をトラックバックを受付けるような体勢にしてください。そうすっと、その記事をベースにどんな議論がなされているのかわかるから、アクセスは伸びると思いますよー。

●ネットでは一次情報が貴重
→これも同感。やっぱり同じニュースソースで、それの切り口が他社と違うというのは、ちょっとネットユーザーに対する訴求効果が弱いと思う。それよりも、他社にない記事を配信することのほうが肝要だし、読者数が増えると思う。特オチとか新聞社にとってのプライドとして大きい部分って実はネット上ではどうでもいい問題……。

新聞社のサイトは、まだまだ改善の余地大有りですからね! 
便利で楽しいの、期待してます!

Trackback on "新聞社サイトのアクセスが伸びない理由"

このエントリーのトラックバックURL: 

"新聞社サイトのアクセスが伸びない理由"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "新聞社サイトのアクセスが伸びない理由"

どう考えても、わざとアクセスが伸びないようにつくってるのでは、と思えるほどの工夫のなさですね。

やはらい、紙媒体こそ神!という思考なのでしょうか。
あまりネットが充実すると、自らの首を絞めることになるもんね。そこには、ネットで新たなビジネスを開拓する、という考えは感じられません。

いや、ホント、やる気ないよねー

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •