2006年02月09日

「面白かったですヨ」と伝えるプチ運動をしよっと

今日のは雑感です。

「ARTIFACT@ハテナ系」で「人が喜ぶのが嬉しくてやっている人は儲かる」という記事を読んで思ったことを書いてみます。

『儲からない人は、自分のことを認めてほしくてやっている。  儲かる人は、人が喜ぶのが嬉しくてやっている。』

ま、読んでもらえればわかるんですが、この記事ではこんな言葉を引用して原稿を進められておられるんですね。

この言葉の「儲かる」とか「儲からない」というのは
僕にはよくわからないですが、これってちょっとブログに
通じる部分があるなぁと思いました。

それは、「人気があるブログは、人が喜ぶのが嬉しくって書いている」。

ま、このように一概に言えないことは、もちろんだけど、そういうケースが多いんじゃないかなぁ。

「人気がないブログは、自分のことを認めてほしくて書いている。」

こっちは、もっとそう一概に言えないだろうし、ブログは個人が自由に発信すればいいんだけど、こういう部分もあるだろうなぁと。

あと。このブログの記事は、この引用から進んで

人が喜ぶのが嬉しくてやっていても、義務感ばかり感じるようになったら、続けるモチベーションが減っていく。好きで始めたサイトなのに、閲覧者の期待が大きくなって、それが重荷になり、更新意欲が減るなんてのはよくある話。そういう時は、自分のことを肯定してくれるような感想などがないとやってられなくなる。

と終わるんですが、なんか共感。

それで、このエントリーのはてなブックマークのコメントで
こんなことを残している人がいて、そうだよねーと思ったです。

いいことされたら、もっと喜びを伝えなきゃなあと思った。Web拍手とか投げ銭とか言葉とかいろいろ方法はある。文句は誰でも言うけど感謝は忘れがち。

僕もいろいろブログを読んでて、「これ面白いなー」とか「よく調べてあるなー」とか
「面白いから、また読みにこよー」とか思ったときでも
コメントやトラックバックでそういう意思表示をするケースって、
やっぱりマレなんですよね。

多くの人がそうだと思うんですが、単純に「面白かった」という
コメントを残すのってなんかあえてやろうと思わない。

でも、そういうコメントって、僕もそうですが
単純に嬉しいし、そういうコメントとかでもらう感想って
ブログを書き続けるうえでの大きなモチベーションになるんですよね。
なるなる。

だから、こうだらだら書いてて、結論はかなり単純なことなんですが
個人的に、「面白いなぁ」とか「また読みたい」とか
思ったら、素直にそうコメントに残すようにしようかなーと。

そんなプチな目標を立てたという話でした。おわり。


Trackback on "「面白かったですヨ」と伝えるプチ運動をしよっと"

このエントリーのトラックバックURL: 

"「面白かったですヨ」と伝えるプチ運動をしよっと"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "「面白かったですヨ」と伝えるプチ運動をしよっと"

はじめまして!
>「人気があるブログは、人が喜ぶのが嬉しくって書いている」。
「人気がないブログは、自分のことを認めてほしくて書いている。」

シンプルだけれど本当にその通りだなぁ〜ってつくづく実感させられましたっ!コメントを書くまでって結構本当に自分の中に入り込まないと書かないですよね☆また遊びに来ますね^^

> GlamorousWさま
嬉しいコメントありがとうございます。
また遊びに来てくださいね。

  •   岡部敬史
  • 2006年02月17日 22:48

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •