2005年11月23日

メディアへのブログの影響

今日の『ニュース23』で
「メディアへのブログの影響」という
特集をやっていました。

んでも、「やってましたけどねぇ」ってのが感想ですね。

ブログとは……
簡易ホームページ。
草の根のジャーナリズム。
ナショナリズムに使われやすい。

なんて話が出たり……。

アメリガでブログが定着したワケとして
@「主張が美徳」の国民性
Aブログが「キャリアアップ」に?

なんて分析がされたりしてました。

そんで、いちばん時間が割かれていたのは
インターネットの利用時間が、新聞の購読時間を抜いた
なんて話から
ブログの出現によってテレビはどうなる?
ブログの登場によって新聞やはどうなる?
という論点に移行して終わりました。

(見ながら書いていたので、荒くてすいません)

さて、ブログを論じるときに
しばしばその登場によってテレビがどうなる?
なんてお題が出ますが、これって
テレビ屋さんの発想ですねぇ。

そんな君たちの飯のタネの心配を放送されるより
もうちょっとブログというものが本質的にどういうものか
説明したほうがいいんではないでしょうか。

ブログは簡易ホームページという説明をした数分後に
これによってメディアがどう変わるか
なんて分析されても、普通に見ている人は
わけがわからないんじゃないっすか。

もうちょっとブログとは、どういうものか
ここを説明するのに時間を割いて欲しかったです。
以上、素直な感想でした。まる。

Trackback on "メディアへのブログの影響"

以下1件のトラックバックはこのページのエントリー"メディアへのブログの影響"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

» メディアへのブログの影響 by N23

  • 2005年11月24日 08:32
  • from 朝日新聞とavexを不買してる嘘つきが、せめてブログで正直なことを語る

昨夜のN23でタイトル通りの特集が組まれていました。 手軽に誰でも情報発信が出来るブログ、使い方は様々で、日記サイトにする人もいれば、ニュースサイトにする人も... [続きを読む]

Comment on "メディアへのブログの影響"

"メディアへのブログの影響"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •