2005年06月27日

総務省「悪の温床」化防止

総務省から発表されたこの
実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止
(下に貼り付けておきますね)

さて、どう思います?

これは個人的な感想ですが
ひとつの悪い情報に感化された
事件があると、それを根絶やしにすることでしか
解決できないのは、いかがなものかと。

世の中には、いい情報も悪い情報も
いっぱいあるわけでして、
それは国が、幼少期からブログやSNSを教育で活用するように
促したところで、減るわけがないのは当たり前ですよね。

やっぱネットは清濁あるものなんですよ。
これは、ネットに限らず社会全体ですけど。

それを国が清いものだけにするように強制していくと
おかしなことになりますね。
あまりにも綺麗すぎる川には魚一匹住まないもんでね、
怖いことになります。

歌舞伎町の浄化作戦とか見ててもそう思うんですよねぇ。

ま、要するに必要なのは
やはりその情報が有益かどうか、自分が行なっていいものなのかどうなのか
そんな判断力とか社会常識を身につけるような教育が
どうやったらできるのか模索することのほうが
大切ってことでしょうね。

局面、局面の対処療法では、発展がないですよね。

※ま、これが率直な感想なんですが
じゃあ、どうすりゃいいんだよ?
って話しになると、ちと難しいですよね。
ブログにおけるマナーの問題もそうですが
これからちょっと考えてみたいと思います。


総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。  今週初めに発表する総務省の「情報フロンティア研究会」の最終報告書に盛り込む。  国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。

Trackback on "総務省「悪の温床」化防止"

以下2件のトラックバックはこのページのエントリー"総務省「悪の温床」化防止"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

» 総務省、実名でのネット活用を!

  • 2005年06月28日 10:55
  • from 社長日記 - ムラウチの社長ブログ

ちなみに僕は“完全実名”(しかもご丁寧に顔写真入りw)で 昔からホームページやブログを運営してきましたんで、 あんまり気にしてなかったんですが、 確かに日本のイ... [続きを読む]

» 総務省のSNS事業

  • 2005年08月24日 00:19
  • from ITと地域活性化(NPO法人グローバルシップ)

総務省のSNS事業をNTTデータ子会社が受注  総務省は22日、同省が地域社会の住民参画を推進する目的で検討を進めている「地域SNS調査研究事業」の委託先として... [続きを読む]

Comment on "総務省「悪の温床」化防止"

"総務省「悪の温床」化防止"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •