2005年01月29日

ココログブックスコンテスト

ココログのなかのブログを
出版化するという試み
ココログブックスコンテストの結果が発表されていました。
http://www.cocolog-nifty.com/contest/nominate.htm

結果、大賞を受賞したのは
フクダカヨ絵日記」でしたね。

この絵日記も
実録鬼嫁日記』もそうですが
わりとそのまま本にしやすいタイプの
ブログだと思います。

もともと文才とか表現の才能が豊かという意味でね。

ただ、今後主流になってくるのは、
面白いブログをそのまま本にするというより
面白いことが書けそうな人を探して
本を書いてもらうってことかと。

やはり、他人のディレクションのない
ブログは、一般の書籍と比べて完成度という面では弱いわけです。
一流の作家だって、編集者と何度も打ち合わせしたり
意見をもらったり推敲して書いているわけですから
そりゃ当然な話です。

だから、今後、出版化されて残っていくのは
文章やブログの作りは荒削りだけど、
体験が奇異だとか才能が異端といった人なのかな、と。

となると、今は思いつくままに、感情をぶつけている人とか
まったく読む人を意識せずに書いている無名のブロガーに
編集者から出版の依頼が舞い込むってことは
充分にあると思いますね。

人気ブログ=出版の可能性が高いブログ
ってわけではないということですね。

Trackback on "ココログブックスコンテスト"

以下1件のトラックバックはこのページのエントリー"ココログブックスコンテスト"を参照しています。

このエントリーのトラックバックURL: 

» 『このブログがすごい!2005』に掲載されてました。

  • 2005年02月02日 00:49
  • from デイトレしない投資家deepの株式投資日記☆行け!ライブドア!

今日、本に掲載されていたことに気づきました。ありがとうございます。本人びっくりしております。 [続きを読む]

Comment on "ココログブックスコンテスト"

"ココログブックスコンテスト"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

(HTMLタグは使用できません。URLは反映されます)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •